So-net無料ブログ作成
検索選択

しばしの現実逃避(別の意味で) [ぐったり。]

現実逃避は何も自分を甘やかすだけではないのです。

ほら。
デビルマンだって幻覚を見る術から逃れるために
よく木の杭とかを脚に刺していたではありませぬか!
(古すぎ)

今日は午後から歯医者です。
奥歯のセラミックが欠けてそこを削って掘り直して詰め直すという。
まるで年度末の明治通りのようです。

嫌だなあ・・・

痛いのが嫌とか削られるのがどうとかじゃないんです。
関節症の私は口を開けているのが辛いのです。
あまりに辛くて涙がほんとに出るぐらいなのです。
しかも処置は学生さん。
手際が悪い悪い・・・
特に今年の担当学生さん、最悪なのです。
一生懸命なんだけど私を人間と思ってないです。

もう、やめようかな。
実験台。



nice!(2)  コメント(3) 

nice! 2

コメント 3

mayolica

歯医者の治療で長く口をあけているのはつらいですよね。(あごのこともあるし)ましてや痛い治療だったりすると耐え難い~。
う~ん。腕が確かなら我慢も仕方ないのですが、学生ちゃんは不安ですね。悩みますね。
私が通っている歯医者はすごく痛いのですけど丁寧で腕がまあまあなんです。そのためよその歯医者に行ってまた初めからという気になれなくてつい。
でもやっぱり治療が痛いのはいやです~!
by mayolica (2011-06-21 07:35) 

Urchin

>mayolicaさん

悩みますよね!
学生さんに学んで欲しいけれど
でもやっぱり辛いし
でもそういう患者もいることを知るのも勉強かな?
でもイマドキの子はわかるんだろうか?などなど・・・

幸い今日は学生さん、腕を上げて
さっさと終わったので顎も痛くなかったです!

by Urchin (2011-06-21 18:19) 

美獣

顎関節症って言葉だけで顎が痛くなってきます。
でも実験台と言う名の下に歯の点検をするというのはいいことですよね。
私は歯医者嫌いですから20年ほど歯医者に行ってませんが、多分・・・ヤバイと思います。
by 美獣 (2011-06-21 22:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。