So-net無料ブログ作成
ごきげん。 ブログトップ
前の10件 | -

行ってまいります。 [ごきげん。]

来週火曜日からインドネシアに潜りなしの旅行に行ってまいります。
たった5日間。
別段買い物をしたりお土産を買う必要もなし。
なので小さいスーツケースで充分!

目下お正月に増量した分を必死に落とそうとしてはいて
けれどもそれほどの効果があがっていなくて
それなのに美味しいものがある所に行くとなると
かなりの決意が必要なのですけれど
まあ、4月まで別に絞らなくてもいいからゆっくりと
帰ってから絞ればいいかあ、とか、
ぬくぬくぬるい事を考えて居ります。

では、
来週から1週間行ってまいります。。。

nice!(1)  コメント(2) 

無事に帰りついたと思ったら [ごきげん。]

ふふふ。

もう次の旅行を企てております。

行けるうちに行くのです。
今できることを今やっておくのです。
ひとの人生なんていつ何が起こるかなんてわかりゃしません。

定年後に夫婦で旅行を、などと考えていて
その前に奥様が亡くなられてしまった。
ご主人が病に伏されてしまった。
そんな知人の話を父からよく聞かされました。

だからこそ今できることを今おやりなさい。

肝に銘じております。

というわけで。
来年早い時期にまた潜りに。
4月にクアラルンプールに。
6月にご亭主のお里帰りに。
10月にまた潜りに。

これから企てごとが多くて、嬉しい悲鳴でございます。


nice!(1)  コメント(2) 

13日から久々に海底に参ります [ごきげん。]

思えば最後に潜ったのが今年の1月。

それ以降は全然潜る機会がなくて…

やっとです。
やっと潜れます。
今回はいつもと違う友たちのところに参りますゆえ
違う海の中でふらふらできるのであります!!

素敵~♪

***

ただ、毎度のことながら現地にたどり着くまでに1日以上かかります。
となるともう空港で楽しみ尽くすしかないでしょう!

早めに空港につくようにリムジンは手配済みです。

ダイビング器材などの荷物をチェックインした後
国内線のターミナルに行きましてそこにしかないヨシカミのカツサンドを買います。

それから国際線ターミナルに舞い戻りまして出国して、
いつものようにギネスあるいはレモンサワーはたまたワインを飲みまして
ゆっくりと過ごしたのち機上の人となり
更にゆるりと機内でウォッカダイエットコーラをいただきまして
しばし眠りつつ・・・といういつものお楽しみでござります。

あああああ
楽しみです=!!
nice!(1)  コメント(2) 

お里帰り致します。 [ごきげん。]

今年4がつにクアラルンプールに行って
友人と会って楽しく過ごしたのに
もう既に里心が。

潜りたい気持ちも山々で10月に潜りに行くのに
今回は独りで行く(行く先によく知る信用できる友は居ますが)潜り旅。
でもちょっとだけ里心。

インドネシアとマレーシア。
言葉はほぼ似てはいてもやっぱり違うのです。。。。

インドネシアでマレー語訛りでつい喋ると指摘は容赦なく、
会話は通じても何だか居心地宜しくないのです。

言ってみれば・・・・大阪で東京弁喋るようなもの・・かな?

とにかく。

9月頭から数日、お里帰りします。
甘やかされてきます。

江戸っ子のくせにクアラの方が居心地いいのは妙なもんです。

nice!(1)  コメント(2) 

夏といえば!そう!枝豆! [ごきげん。]

夏はいい!!!
口が卑しいわたくしとしては有り難い事ばかり。

味噌に合う谷中生姜とか。
見事に緑の胡瓜とか。
丸々とした茗荷とか。

色々素敵なおつまみが出てきます。

でもその中で忘れてならないのはやはり・・・
枝豆!!!

私の中では鶏の胸肉に次ぐ好物でございます。

自分で献立を組めぬ時分には歯噛みしておりましたが
(実家母は面倒くさいからと言い、枝豆贔屓ではありません)

今やわが天下!

枝付きのだだ茶さんやら何やら
お陰様で今はそれほどお高くない枝豆さんを堪能しております。

旬のものをイヤってほど堪能する・・・
これほどのシアワセがありますか??? 

この時期我が家の冷蔵庫には胡瓜とトマトと茄子と茗荷
そして茹でた枝豆が鎮座ましましておりまする。

あとは・・・西瓜の登場を待ちわびております。

まだちょっとお高いですね。

ちなみにいちいち切るのが面倒なので
マレーシア式に赤い実だけを食べやすく切ってボウルに入れて
冷蔵庫に入れております。

その方がいつでもひょいひょい食べられるので評判が良いです。
いよいよ残ったら種ごとブレンダーにかけてジュースにして朝ご亭主に飲ませます。

夏の野菜は無駄なし、であります。

だからいくら殺人的に暑くても夏は好きです。
nice!(1)  コメント(2) 

6月も楽しく忙しくなりそうです [ごきげん。]

6月は毎年恒例のご亭主のお里帰り。

すると、マレーシアの友からメッセージが。
なんと彼女は同じぐらいの時期に同じく北海道に居るそうな。
彼女のお母さんと一緒に今人気の札幌に行くのだと!

でも私は北見に居るのでちょっと会うのは難しいなあと思っていたら
なんと彼女はフライトの関係で
(彼女はマレーシアに住んでいて一緒に来る家族は香港から、の関係らしいです)
8日に札幌を発って11日の帰国のフライトまでどうしたらいいかわからないというのです。

そういう事ならば。

8日はもう私は東京に帰ってきているし。
東京の高いホテルに泊まるんなら狭い我が家でよけりゃソファで寝ればいいし。
ご亭主も全然そんなの構わない人だし。
(実際ご亭主の友もそうやって泊まっていきます)

何よりも彼女自身日本の普通のごく当たり前の生活を体験したいというので
3泊うちでホームステイです。

観光地に一緒に行けるかはわかりませんが
ごく当たり前の日常のスーパーのお買い物とか
デパ地下での美味しいものを買ったりとか
そういう普通の観光客ができない事をさせてあげようと思っております。

私が彼女だったら、築地に無理矢理観光に行くより
ごく日常のものを体験したいですもの。

ごく普通の日本の平凡な日常を味わってもらえばいいかなと思っております。

6月も楽しくなりそうです。

あ!
その前に彼女が使うご亭主エリアのお掃除、しておかなくちゃ!!

nice!(1)  コメント(2) 

さてさて。 [ごきげん。]

今まで諸々の調整がつかずに今年の潜り旅の予定がつかないでおりました。

普段だと一緒に行きたがる人やら現地で待ち構える人やら
そういう調整が本当に面倒くさくて
今までもそれでキャンセル料払って予定変更なんてこともままあったのです。

でも!

今回は他の潜り友が知らぬ友の働くところに行こうと決めまして
ほかのややこしい友には事後申請という感じで
とっとと航空チケットやらホテルやら手配してしまいました。

友人が現地で合流してくれるのは本当に楽しい。
でもそれによってこちらが諸々変更したりなどストレスがかかるんなら
もうこっちは勝手にやるよ、都合が合うなら来れば?
というスタンスでもういいや、と。

最初からそうしていればよかったのでしょうけれど
当初はやっぱり1年に1回は友人に会いたかったのです…

まあ、いいや。
今年からは自分の行ける時に行くことに決めました。
老い先はそう長くない・・・・などとは死んでも思っていませんが
ヲバサンになった証拠でしょう。
相手から何か言われたら言い返せるお年頃になっております。

というわけで。
10月に潜りに参ります。
それまでは時間が取れそうにもないので
潜りには行けそうもないのが歯がゆい所でござります。
nice!(1)  コメント(2) 

[ハート]鶏レバーパテ!! [ごきげん。]

いつも美味しいご馳走の作り方を教えてくださる方が
鶏のレバーパテをおつくりになったと・・・・!

レシピを拝見すると何だか私でも作れそうな雰囲気。

というわけで、本日より良きレバーを求めてデパートの精肉部へ!

流石にいいレバーが、スーパーマーケットなんぞよりもうんと安く買えました。
デパートとしてはレバーとか内臓部分は売らないというスタンスなのかもしれません。
何にせよお安いうえに質の良いレバーが買えました。

しかも!!!
レバーとハツが一緒にくついておりました。

ハツは私の大好物の部位。

これは後で別に調理いたしませう。

***

教えていただいたレシピで初めてにしてはもう上出来のものができました。
しかもたっぷり。

実家母におすそ分けしてあとは我が家でわしわしとバゲット共に摂取いたします。

***

ハツは丁寧に下処理したあと、
赤ワインと生姜と醤油とはちみつとで煮詰めまして
これもたぶん日曜日のおつまみになります。

先ほどつまみ食いいたしましたら
こりゃあもうたまらんちん(by 高田純次)でした。

内臓はいいお店のものを下処理をきちんとすると
そりゃあもう最高のご馳走ができるのねと今更ながら思いました。

レシピを教えてくださったMさま。
いつも頼りにさせて頂いております[ハート]


nice!(1)  コメント(2) 

さてと。 [ごきげん。]

10月に潜りに行く予定を立てていたのです。

そしたら、マレーシアの、愛してやまぬ友から
また遊びにおいてよう♡
という熱烈なお誘いが。

今度は潜り先には親しい友が居ないので
いつものように長くの滞在ではないかなと思ってい矢先だったので
それならばマレーシアとインドネシア、滞在を短くして
どっちも行っちゃおうかなと思い始めております。

こんな風にふらふらと出かけられるのも今のうち。

もう少ししたら実家母も本物の妖怪・・・じゃなくて老人になります。
そうなったらいばり虫のクセに何もしない兄はあてにできません。

行けるうちに行きます。

そしていよいよ日本から動けなくなる状況になったら
その時にはダイビングを諦めて猫を飼う!

身動きが取れなくなるのは死ぬほど辛いのですが
(子供の頃からのフウテンの海栗小僧です)
発想を変えればまたそれも楽し。

でも。

それまではフウテンの海栗小僧で居ようと思っております。


nice!(2)  コメント(2) 

今回の旅は本当に心豊かになりました。 [ごきげん。]

マレーシア、クアラルンプールにはここ数年1年に1回来ております。
何というか、行き詰まるとここに帰って来たくなるのです。

ここに住んでいた時も必ずしも良い事ばかりあったわけではないし
むしろツラく嫌な思い出の方が多いかもしれません。

でもそれ以上に会いたい人たちがここにはいるのです。
そして行き詰まった気持ちになってここに来ると
何というか、自分の居場所に帰ってきた気がするのです。

***

例年だと2泊3日ぐらいでぱぱっと帰るのですが
今回は約1週間、長めに滞在しました。

いつもは時間がなくて都合が合わなくて会えなかったひとたちに
今回は会うことができて本当に嬉しかった。

10年近く友人で居たのに私の滞在時間がなさ過ぎて
今まで会うことができなかったのです。

そして、ずっと会っていなかったのに、
私なんぞダイビング仲間というだけなのに、
みんなみんな自分の家族や妹のように扱ってくれて
ちょっとそういうガシッ!という愛情に飢えていたので泣きたくなるほど嬉しかったのです。

みんなみんな目いっぱい
私の好きなものを食べさせてくれて
どんどん飲ませてくれて
どんどんお喋りをしました。

***

たくさん食べました。
たくさん飲みました。
たくさん甘えました。

ええい、いつも体重のことを気にしますが
金輪際そんなことは気にしますまい。

だって心がこれだけ豊かになったんですもの。



nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | - ごきげん。 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。